ウェブ接客という最新のサービス|見えないからこそ

販売戦略として活用できる

サイト

便利な機能

近年、実店舗に行く手間を省くためにネットショッピングやネットサービスを利用する人が増加してきています。特に今まであまりインターネットを使用していなかった中高年にも、この傾向が広がっています。タブレットやスマートフォンの普及が、ネットショッピングやネットサービス普及の背景にありますが、まだネットに疎い人が多いも現状です。そのような人でも買い物やサービス利用しやすくするために、ウェブ接客が近年注目されています。ウェブ接客では、ホームページにアクセスするとユーザーの年齢や性別に応じて自動でユーザーをサポートしてくれます。ネットショッピングのマニュアルが表示されたり、ユーザーへ推奨の商品が表示されたり、チャット機能を利用できることなどがあります。

具体的な活用方法

ウェブ接客を自社で導入したいけれど、ネットに疎い社員が多くて導入が難しいと感じている会社は、ウェブ接客ツールを使用すると最適です。ウェブ接客ツールは、自社のホームページにどのようなユーザーがアクセスしているのかを分析した上で、そのユーザーに適した商品などをお勧めする機能があります。ユーザーの閲覧履歴や購買履歴のデータも収集することができるので、それらの情報を元にホームページのデザインを変更することもできます。例えば、年齢別のタブを予め作っておき、各タブにおススメの商品紹介やクーポンなどを掲載しておきます。こうすることで、ユーザーは自分に最適な商品やサービスをすぐに見つけ出すことができるので、ストレスなく買い物やサービス利用を楽しむことができます。

顧客確保の有力な手段

オペレーター

CRMシステムは膨大な顧客情報をデータベース化することで、迅速かつ的確な対応を可能にし、顧客の囲い込みに貢献します。コールセンターの苦情処理や保守サポート業務をはじめ、販促活動の効率化にも利用できます。

More Detail

営業方法を検討しよう

電話

電話は会社の顔であり、大切な営業の1つです。最近サービスが充実しているのが電話代行です。その特性は、会社にかかってきた電話を電話代行業者に転送し、専用のオペレーターが対応してくれるサービスです。電話代行のサービス内容を把握すれば、便利に活用できるでしょう。24時間対応や専門業種対応などがあります。

More Detail

プロに会社の窓口を任せる

通話する人

電話代行サービスを利用すると、プロに応対を任せることができます。クレームの発生を抑制する効果があるので、多くの会社に支持されているのです。そして、電話代行サービスに応対業務を一任すれば、経費削減の効果を期待できます。

More Detail