法律に携わる仕事

生徒に教える

法律家や士業の国家資格として行政書士や弁護士があり、取得すれば専門家として独占業務を行うことが出来ます。
そこで、これらの資格と業務内容などが似ているものについていくつか紹介をしていきます。
1つめに紹介するのは司法書士であり、こちらは行政書士や弁護士と同様に法律家の国家資格となっています。
また士業という意味でも共通しており、司法書士にも独占業務というものがあります。
独占業務の内容に関しては、弁護士に比べると若干範囲は狭くなりますが司法に関する法律トラブルを解決することがあります。
弁護士の場合には法律業務範囲に制限がありませんが、司法書士の場合には登記や供託を行える者と法律で定められています。
司法書士がこれに反すると越権行為となるため、各専門家はこれを守るように勤めています。
ちなみに行政書士に関しては司法関係のトラブルではなく、市役所や警察などに提出する書類代行業務などを中心に行っています。
これが司法書士と行政書士の紛らわしい点でもありますので、もし何らかの法律トラブルを依頼する場合には注意が必要です。
さらに資格取得試験に関しては年に1回となっているため、受験生は合格に向けて専門学校などに通うことが多いです。
2つめに紹介する資格は税理士であり、こちらも士業であり法律家という点は行政書士や弁護士と共通しています。
ですが税理士の場合は独占業務が異なっており、主に市役所などに行う税務申告を中心として行っています。
名前の通り税金に関する専門家でもあり、税務調査や法人税などの申告書作成業務を行います。
士業ということもあり独立をすることも出来ますが、法律事務所の1税理士として活躍している方も大勢います。
なお試験に関しては行政書士や弁護士同様に年1回行われますが、受験するための条件がいくつかあります。
代表的な例として法学部や経済系の学部を卒業するというものがあるため、これらの学部出身でない方には一苦労します。
ですが日商簿記1級を取得すれば受験資格が与えられるため、こちらを最初に取得するという方法もあります。

オススメリンク

オンライン講座もある

行政書士の資格試験は、一つの問題の文章は短めで、広い範囲の暗記が欠かせないという特徴があるため、オン…Read more

効率よく取得するには

行政書士の資格は、近年難易度が上がっています。弁護士も、新司法試験になってから合格率が上がったとは言…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930